フェラチオ好き熟女のエロさは異常

僕は20代前半の大学生で彼女もおらず学校とバイトの日々で暇を持て余していたがとある掲示板で知り合った熟女(40代後半)と毎日のようにメールをして、彼女の色々な悩み事を聞くのが僕の日課になっていった。知り合って何週間かメールを続けるうちに熟女が実は浮気をしたことがあると暴露してきた。その内容は若い男にフェラチオをしてあげたという話だった。実はその熟女は若い男にフェラチオするのが大好きで、セックスよりもフェラチオをしている方が良いというのだ。こんな話をされるとムラムラと欲求が強くなり、その熟女に会いたくなってきた。ダメもとで会いたいと誘ってみると、すんなりとOKをもらい次の日には会う事になったのだ。

実際に会ってみると見た目は大人しそうな小柄の熟女といった感じで、エロい雰囲気は微塵も感じなかった。軽く居酒屋で食事とお酒を飲み、それとなく良い雰囲気になってきた。そして店を出て近くの公園のベンチに座り周りに誰もいないことを確認して、自分のズボンを下ろして勃起した肉棒を熟女に見せつけた。すると「大きい・・しゃぶってもいい・・?」と物欲しそうな顔で懇願してきたので、好きにしていいよと言うとジュポジュポと周りの家に聞こえそうな程音を鳴らして僕の肉棒に喰らいついてきた。その独特の舐め方や舌先の使い方の気持ち良さに全身が痺れるような快感を覚えた。そして1分も持たずに射精してしまったのだ。「気持ち良かった?」と聞かれこんなに気持ち良いフェラチオをされたのは生まれて初めてだと言うと嬉しそうに笑っていた。それからは定期的に熟女と会う約束を取り付けて公園やホテルでフェラチオのみをしてもらう関係になっている。